自営業の始め方とは!原則は自由になっている

別にどんな方法でもよいです

正式に会社組織にしなくても自営業というのは始めることができます。ですから、基本的には気軽に始めることができる場合が多いです。気軽といっても人生がかかっていますから、難しいことのほうが多いです。しかし、副業も立派な起業になりますから、そうした商売をするのであればそこまで気負うことなく、ゆっくりと実行するとよいです。どんな手続きも必要はないです。許可が必要な商売でもない限りは、自由にやってよいことになります。

法務局への手続きなど

会社組織といいますとどうしても法務局などへの手続きが必要である、という意識を持っている人がいますが、実はそんなことはないです。実際には登記しないで商売をしている人はいくらでもいます。それに法務局で登記するとなりますとお金が結構かかります。そこまでまだ大きくない、一人でやっているようなことであれば、税務署に青色申告をする、というようなことで十分であるといえます。それだけでもまずは一歩前進といえます。

最終的にはキチンとした会社組織に

最終的にはキチンとした会社組織にする、ということを意識する人は多いです。つまりは、法務局で登記をするわけですが、これも自分でやるよりは行政書士などに依頼したほうが楽です。そこまでの会社となっているのであれば時間のほうが勿体無い、ということが多いからです。そのあたりは考え方次第ですが、とにかく始めるときにはまずは規模を理解することです。何か義務付けられることがあるような会社になるには時間がかかります。

フランチャイズという仕事は、自分で開業資金を用意して、本部に支払う事により、仕事のノウハウやサポートを受けて自分自身がオーナーとして独立開業する事ができます。

Separator image