引越し後の片付けを見据えた荷造りをするには

荷造りのときに考えるべきこと

引越しの荷造りをしていくときは、荷ほどきするときのことも考えて進めることが大事です。と言っても、初めての荷造りの場合はとてもそんな心の余裕はないでしょうね。引越し日まで荷造りが間に合うかどうかがすべてでしょうから。それは無理もないことです。間に合わせなきゃならない、という強い自覚があるだけでもたいしたものです。初めての引越しの時は、荷ほどきをしたこともないわけですから、とりあえずは荷造りに専念する、ということでも良いでしょう。

ダンボール箱の側面に内容物の記述を

引越しが2回目以降の場合は、荷ほどきした経験があるため、荷造りのときにやっておくべきことがだいたいわかるものです。荷ほどきはいっぺんにはできませんので、すぐ必要になるものは、なるべく同じ段ボール箱に入れ、側面に内容物を書いておくことです。余裕があるときは、全部の段ボール箱で同様のことをしておいた方がいいでしょう。のちに荷ほどきするときに非常に役立ちます。段ボール箱の数は家族がいる場合は30箱以上にはなるでしょう。

衣服は当日ハンガーボックスに

引越し会社を頼んでいる場合は、引越し当日にハンガーボックスをいくつか持って来てもらえます。家族が多い人は、あらかじめ多めの個数を頼んでおきましょう。ハンガーボックスは衣装ケースのような構造になっていて、ハンガーをかけるバーがしっかりとついているため、かなりの枚数をハンガーにかけたまま収納できます。段ボール箱に畳んで詰め込まなくても済むので、とても便利です。新居に着いてからもすぐクローゼットに移せます。

粗大ごみとなりうるものを、代わりに不用品の回収として業者が手間を引き受けるのが粗大ゴミなどの回収ビジネスであり、どこでもいつでもどんなものでもある程度安く引き受けられると互いにメリットは大きいです。

Separator image