1000円カットのこれまでと今後について

登場時からニーズに応えている

1000円カットは、90年代中盤から後半にかけて広まり始めたヘアカット専門店です。景気が急激に悪くなった当時の日本において、安価で身だしなみを整えられるこのサービスは、多くの人のニーズに応えたといえるでしょう。当初は男性の客がほとんどでしたが、今日では女性も多く見られるようになり、誰でも安心して利用できるサービスとして定着しています。また、既存の理髪店も同様のサービスを提供するようになり、チェーン店の存在しない地域でも利用が可能です。

仕上がり時間の目安がわかる

ヘアカットの時間は基本が約10分という素早さです。サラリーマンの出退勤時や女性のショッピングの合間にも利用でき、幅広い年齢層に支持されています。大手のQBハウスで見られるのは、待ち時間を予測する点灯サインです。これは、サイトでも表示する機能があり、待ち人数と稼働台数も確認できます。スマートフォンでインターネットを利用する時代ですので、電車やバスなどの移動中に確認できるということです。このように、時代の変化に対応しているのもサービスの特徴といえます。

アジアで拡大するサービス

町の中で1000円カットはすっかり定着しています。コンビニエンスストアほどではありませんが、同様のサービスが競合している状態です。このような理由から今後の動向に注目が集まっています。大手のQBハウスではすでに海外戦略が進められ、台湾・香港・シンガポールに出店中です。理髪店や美容室と異なるのは顔剃りや洗髪サービスを提供していない点ですが、海外でも十分に通用します。こういった理由から、海外出店を含めてさらに拡大していくと予測されています。

1000円カットのFCのよいところは、安く早いということです。もちろんオプションで髭剃りもありますがなければ時間短縮でスピーディーです。

Separator image