レンタルオフィスを利用する色々なメリット

新規事業を立ち上げる場合、都心の一等地に事務所を持てる

新規で事業を立ち上げる時には事務所が必要です。事務所は事業を運営する上での前線基地となります。仕事の依頼や注文などを受ける場所であり、取引先の会社とのやり取りをする場所です。そのためどこに事務所を置くかは非常に大切なことです。郊外よりも都心の一等地に事務所を構えるメリットはたくさんあります。新規の取引きをする時、名刺の住所によって信頼度が変わってきます。また銀行などの融資を受ける時にも、都心の一等地にあると有利です。

一般的な賃貸事務所よりコストが安いレンタルオフィス

しかし都心の一等地に事務所を構えるのはかなりのコストがかかります。新規で事業を立ち上げた時はなるべく初期投資を抑えるのが鉄則です。そのような時に利用したいのがレンタルオフィスです。一般的な賃貸事務所とは違って、もっと気軽に利用できる事務所です。事務所としての必要最低限の事務用品は揃っているので、特に不自由なく仕事ができます。レンタルオフィスとはいえ都心の一等地にあるメリットは大きいものがあります。

事務所移転にかかるコストを考えたらレンタルオフィスの方が有利

新規に事業を立ち上げる場合ではなく、事業の拡大によって事務所が手狭になった場合にも、レンタルオフィスはコストを抑えながら事務所を拡大することができます。事務所が二ヵ所に分かれますが、総務関係と営業関係などのように部門別にわけることで効率化できる場合もあります。例えば丸ごと事務所移転のコストを考えた場合、引っ越し費用がかかりますし、その間の事業が中断します。賃貸料を現状維持にするためには今より郊外へ移転することになります。これらのデメリットを考えたら、レンタルオフィスを利用した方が遙かにメリットはあります。

福岡の賃貸事務所を借りる場合、インターネットで借りることができます。また不明な点があった場合にはフリーダイヤルが設置されており、電話で相談も出来ます。

Separator image