代理店やフランチャイズのしくみと経営者の安心感とは

独立を目指す人の味方とは

定年退職後の人やサラリーマンの人が独立を考えている時に、大きな味方になってくれるフランチャイズや代理店というシステムは安心できる選択です。そこで代理店やフランチャイズのしくみを簡単に説明します。通常、お店を持ちたいとか独立したいといった場合には資金はもちろん必要ですが、それ以上に独立のコンセプトやノウハウが必要となってきます。一般的には独立し開業してから5年後の存続率は約25%です。一方のフランチャイズは約70%と高い存続率となっています。フランチャイズの方は数字から見ても安心感があります。

メリットやデメリットとは

独立し失敗せずに長く経営を続けていくためにも、フランチャイズや代理店は大きな力となりメリットが大きいです。しかしもちろん良いことばかりではありません。一概にデメリットとは言えませんが当然、加盟店になればロイヤリティーなどを本部に支払う必要があります。またルールや商品なども本部がすべてを企画してパッケージングされているので、オーナーの自由は制限される場合があります。しかし販促などのツールやキャンペーンなどもプロが行うので集客率は安定しています。

フランチャイズは安心感が違います

フランチャイズや代理店にはメリットもデメリットもあり一長一短ですが、基本的なコンセプトやノウハウがあるので経営の安心感が違います。スーパーバイザーと呼ばれる本部担当のスタッフがチェックしアドバイスをもらえるので、オーナーだけの目線では気づかなかった部分も改善が期待できます。またしっかりとしたサポート体制のおかげで、未経験の業種でも経営ができオーナーとなることが可能です。充実したサポートとノウハウが経営者にとっては心強い味方となるでしょう。

代理店の募集をするならネットやフリーペーパーに掲載を依頼するのが良いでしょう。なるべく閲覧者が多いメディアを選択することが重要です。

Separator image